就職活動中の女性

就職難、就職氷河期などと言われていますが、その中でもしっかり就職出来てる方もいます!世の中のせいにせず、自分自身を見直して今一度就職という人生の分岐点へと向き合ってみませんか?

就職は人生の分岐点であるので妥協はNG

生きていくには働いてお金を稼がないといけません。働き方には多くの種類がありますが、一般的なのが就職活動を経て会社に勤める働き方です。会社と言っても、世の中には数え切れないほどの会社が存在しています。その中で自分にあった会社をどうやって見つけるかが重要な問題なのです。就職活動において自分の希望する条件はたくさんあると思います。例えば、給与、保険、休暇など。すべての条件に合う会社にめぐり合うことは難しいかもしれませんが、妥協して選んだ会社に就職をするとその企業がブラック企業であったり、自分の本来やりたいことと違ったなど多くの問題が目についてしまうと思います。加えて、妥協によって狂った進路になってしまった人生を、本来自分が持っていた希望の進路へと戻すのは厳しいものになります。何故ならば、妥協した上に失敗してしまうからです。失敗することは次の自分につなげるために非常に大事なことですが、それは自分が全力に立ち向かった結果得られる戦利品であり、妥協した上に失敗を重ねるとどん底へと突き進むことになるでしょう。結局のところ、就職においてどうやったら妥協せずに済むのかを考えると、やはり真摯に自分と向き合うことが重要です。自分が今までどのようなことをしてきて、どのようなことに喜びを感じ、将来はどのようになっていきたいと真剣に考えた上で会社と向き合って就職すれば、そこには妥協という2文字は存在していないと思います。たとえ入社した会社が自分に合わなかったとしても、真剣に自分に向き合った後ならば次の就職へと活かすことができると思います。本気の就職と妥協の就職、自分の向き合い方次第で自分の持つ選択肢も変わります。

すぐに就職出来る人、出来ない人の違い

日本の就職活動は、全国同じ時期や同じタイミングで始まる事が多く、就職戦争とも言われる程、学生にとっては戦いの期間かもしれません。実際に内定をもらう事が一つの目標となり、次々に内定をもらう友人が増えていくと、不安に感じたりする事もあるでしょう。内定をよくもらう人と、なかなかもらえない人、そしてすぐに就職が出来る人と、なかなか出来ない人の違いはどの様な点にあるのでしょうか。実際に内定をもらえていない人は、今一度企業側の立場に立って考えてみると良いでしょう。企業の規模にもよりますが、大企業にもなると何千人の学生に会う事もあり、その中から人数を絞っていきます。そのたくさんいる学生の中から企業毎の基準があり、面接官が学生を判断していきます。経験やスキルとは異なり、まず学生が就職した後、本当に継続して就業出来るかというポイントは多くの企業で判断しています。つまり、企業や業界に対するモチベーションがあるかどうかが重要です。なんとなく面接に来た、企業名が有名だから来たという人に対しては、その企業に対する動機を感じる事が出来ないでしょう。より具体的に、なぜその企業なのか、なぜその業界なのかという点はより明確に伝える必要があります。そして、将来のご自身のキャリアプランを持つ事で、何年後にはこの様な成長をしたい、こういった社員になりたいという明確な目標やキャリアを伝える様にしましょう。より具体的に伝えるためには、事前に頭を整理する必要があるため、就職活動ではよく自己分析という言葉が使われます。自分の事をよく理解していない人を企業は積極的に採用したいとは感じないでしょう。是非、事前に自己分析をし、その結果をプレゼンテーション出来る様にしておく事をお勧めします。

就職する際に大切にしたいアドバイス

日本の高度成長期を支えた終身雇用制度が今ではなくなり、就職した会社に退職まで働き続ける人も少なくなっています。転職することも一般的なよくあることという認識にもなっています。就職する際にはずっとそこの会社で働き続けつという思いを持たない方が得策とも言えます。倒産等無縁の会社も倒産するに至ることが実際に起きています。また当然のことながら自分のやりたいことができる会社に就職することは大切なことですが、大企業であることを条件にして探すと、なかなか見つかりにくいものです。大企業ゆえに担当する仕事も多くの場合には一面的なことであったりします。逆に中小企業であれば社員数も多くないことから、ひとりが担当する業務幅も広く種類も多くあります。そのようなことから大企業であることが一番いいということもないですし、倒産しないことにはならないことも認識しておくべきです。そして一番注目すべきことはその会社の社風であったり、職場環境です。転職する人の大きな原因のひとつに人間関係があります。そのような環境は自分が入社する前に出来ているもので、面接で職場の雰囲気について伺ってもわかりえないことです。こればかりは実際に入社して働いてみないとわからないことですが、少しでも知る努力はすべきで、会社のホームページに掲載されている社長やスタッフの写真、また口コミサイト等を利用して実際に働いたことのある人の感想や評価を総合的に判断して決めるべきです。それでいて就職したもののやはり職場環境があわないということになれば、転職して他の会社を探せばいいのです。転職すること自体、最近では一般的になっているという背景があるために特別なことではないのです。